レット症候群とは?

レット症候群とはとは?

レット症候群とは、英語の略称はRTTと呼ばれ、症状としては
ほとんど女児に発症する進行性の神経疾患で、6か月を過ぎたあたりから
発症する特徴があります。

 

発症率は15,000人から20,000人に一人の確率で発症するようです。

 

日本では小児慢性特定疾患に指定されています。

 

症状としては、知的、言語、運動能力の遅れにより、歩行、会話、
手の動きなどが困難になる為頻繁に手をもむような動きや、手を叩く、
手を口に入れるなどの動作を繰り返すことがある。

 

また、知的障害より対人への反応が困難になることがあります。

 

レット症候群は、明確な原因・治療法がいまだ見つかっていない障害と言われています。

  • SEO
  • loading
  • 子ども・大人の発達障害.navi