小児期崩壊性障害とは?

小児期崩壊性障害とは?

広汎性発達障害の一つの小児期崩壊性障害とは、3、4歳の時期に言語理解、
言語表出、非言語的コミニュケーション、対人関係、遊び、適応行動などの
対人反応障害、有意味語消失の著しい退行していく症状をいいます。

 

退行症状は6か月以内に止まりますが、自閉的な症状はそのまま続きます。

 

小児期の有病率は0.01%といわれ、男の子の発症が多い障害となっています。

 

小児期崩壊性障害の治療法としては、まだ確立した方法が見つかっていませんが
できる治療法としては退行症状が止まった後に、自閉症と同じ治療法を行います。

 

自閉状態が自閉症より重い為、自閉症より治療が必要となります。

 

小児期崩壊性障害の発症についてですが、様々な要因があるといわれていますが、
本当の原因は明らかになっていないのが現状です。

  • SEO
  • loading
  • 子ども・大人の発達障害.navi