アスペルガー症候群とは?

アスペルガー症候群とは?

アスペルガー症候群とは、広汎性発達障害の中にある障害の一つで
アスペルガー障害とも言われ、全IQが知的障害域でないために
知的障害のない自閉症とも言われます。

 

アスペルガー症候群は、自閉症と違い、知的障害、言語障害に
症状がでることが比較的に少ないです。

 

会話する能力はあるが自閉症と同じように、人間関係を作るのが苦手で
社会性がなく、独特の趣味を持ったり・想像力、創造性の違い
・コミュニケーション問題などの発達障害があります。

 

また、相手の心が読むことができなかったり、空気が読めない発言など
対人とのコミュニケーションが取ることが苦手で個人、個人障害の程度が変わり、
日常生活をおくることも困難なケースもあります。

 

特異性が残りますが、早期発見・早期療育により適応力を良くしていく事はできます。

 

@社会性の問題 (独特の人付き合いなど)

 

Aコミュニケーションに問題 (相手の心を読めないなど)

 

B特異性のある興味 (周りから理解できない事に興味をもつなど)

 

上記の主なアスペルガー症候群の症状である3つの項目が気になる場合は、
できる限り早期の段階で診断を受けることをオススメいたします。

  • SEO
  • loading
  • 子ども・大人の発達障害.navi