学習障害(LD)とは?

発達障害の学習障害(LD)とは?

学習障害とは、英語でLearning Disorders,Learning Disabilities通称LDとも言われ
学習障害(LD)は、主な一つの症状があるわけではなく複数の状態を指す言葉です。

 

学習障害は発達障害の中に位置づけられて、また先天的な脳機能障害な症状の為、
家庭環境やしつけ、育て方などが影響している訳ではありません。

 

学習障害の種類は下記のような症状があります。

 

算数障害、書字障害、読字障害、表出性言語障害、受容性言語障害、
発達性協調運動障害などがあります。

 

多くの症状があるため・医学・心理学・教育学・の分野で研究されています。

 

学習障害の子どもには体の協調運動が困難な子どもも多くいるために
リハビリテーション医学の研究分野にも取り入れられています。

 

生活面においてどの様に影響するのかというと

 

●文字、文章を読む際にスラスラと読めない。
●漢字や文字等が覚えること書くことが困難。
●出来事の予想や推測することが困難
●数式の概念を理解できないため計算だけが苦手
●聞いた情報をすぐに理解することができない

 

上記の様な症状が一つ現れる場合と複数出てくる場合がわかっています。

 

少しの困難さの場合、学校で教わる通常の授業の学習方法や訓練によって
日常生活をおくることに問題ない範囲までに、改善する場合も多いです。

 

学習障害をもたない人と、持っている人とでは、症状ある人の場合
2倍、3倍努力をしても大幅な改善がは見られないことがあります。

  • SEO
  • loading
  • 子ども・大人の発達障害.navi