コミュニケーション障害とは?

コミュニケーション障害とは?

コミュニケーション障害は、略称でコミュ障とも呼ばれれます。

 

また、一口にコミュニケーション障害と言っても、様々な症状からなる障害です。
大抵の場合は、広汎性発達障害、高機能広汎性発達障害と二つに分けられます。

 

脳機能や聴覚などの器官に問題が無い場合にも、言語発達の遅延、吃音症、
失語症様な言語障害、音韻障害、声の障害などが表れたりします。

 

上記のような症状から上手く言葉を表現することができないなどの問題があります。

 

これらの症状は大抵の場合、下記の時期に発症しやすい障害になっています。

 

●1歳から就学するまでの幼児期

 

●0歳から15歳までの小児期

 

●14歳から25歳頃の青年期 (日本では30歳頃まで)

 

 

 このように、コミュニケーション障害は、話す能力や、自分の意思や態度を伝達する能力が年齢相応に備わらず、発音が幼稚だったり、言葉の間違いが多かったり、オウム返しを繰り返すなどの症状がでる心の病気です。

 

表出性言語障害の場合、言語的、非言語的コミュニケーションの

 

コミュニケーション障害には、言語的または非言語的コミュニケーションの障害である「表出性言語障害」と、これに加えて理解の欠如を含む「受容・表出混合性言語障害」があり、これらには、広汎性発達障害に伴うものや精神遅滞に伴うものは含みません。

 

さらにコミュニケーション障害には、会話において音声を出すことに困難が伴う「音韻障害」、話し言葉の流暢さの障害である「吃音症」があります。

 

コミュニケーション障害の有病率は、表出性言語障害が5%程度、受容・表出混合性言語障害が3%程度、音韻障害が3%程度、吃音症が1%程度といわれ、いずれの場合も、女子よりも男子に多いといわれています。

 

コミュニケーション障害の治療は、障害の程度によって異なるとされています。発達とともに軽快するようであれば、本人に障害を意識させないようにすることが必要ですが、重症の場合や本人自身が悩んでいる場合は、積極的な治療が必要になります。

 

具体的には、言語障害の性質に合わせて、表出や理解に関する課題を段階的に達成できるように、遊び感覚の雰囲気の中で、子供の課題達成を励まします。強制的な厳しい対応は、逆効果です。

 

コミュニケーション障害を持つ子供は、自尊心が低いことが多いので、障害に対する意識の程度や緊張度を考え、ストレスの軽減など環境整備に配慮する必要があります。

 

コミュ障=感情 感性の欠陥または機能不全 情動障害 社会不適応 とくに対人関係において著しい困難、障害を示す その結果としての生きづらさ、対人物ごとに関する持続力のなさ etc・・・
コミュ障とは、あまりにも広範を指し、精神病、人格障害、神経症、発達障害など殆どの精神疾患が該当する。
精神疾患の特徴がコミュ障害だからである。
コミュ障それじたい結果に過ぎす、構造・働き・度合いの差異こそあれ、その原因はほぼ同一。
つまり大きく言うと精神疾患とは一直線上のもので、線上の位置の違いによって診断が変わってくるもの。
コミュ障を説明するには、本何冊分にもなるし、あるジャンルの本に限定すれば何百冊何千冊あろうと全てコミュ障に関する本といえる。@コミュ障そのものに興味があるのならば、図書館・専門の学校の教科書で一から学ぶのがよいが、Aピンポイントで自分自身の悩みとして興味があるのなら、具体例をなるべく多く言えるようにしておくことが最善と思われる。
コミュ障の定義・構造等を知りたいのならば@、自分とは何かを知りたいならAである。
補足に対して)会話不成立の件をもっとkwsk どのように不成立なのか つまり会話例や相手の反応を具体的に言えるようにしておくことが最善であり、それを紙やノートに書きだす作業をすることは、特にコミュ障の脳機能を補填する為有意義。
行動力の件で位置の検討はついたが、上記情報のみではまだ特定できない。じきGWだ。じっくり書き出してみるのもよい時間の過ごし方であろう。