子ども・大人の発達障害.navi

発達障害の種類をご紹介いたします。

 

発達障害にある複数の症状を一つ一つ分類してご紹介しております。

 

随時、新しい情報などもわかりましたら更新していこうと思いますので
参考にして頂ければ幸いです。


発達障害にある種類について記事一覧

広汎性発達障害とは?

広汎性発達障害とはPDDとも言われ、社会生活に関連する範囲の社会性、コミュニケーション能力といった、人間が生活をするための基本的な機能に発達の遅延がでてくる障害のことをいいます。広汎性発達障害には、知能指数が関係しています。知能指数が低い場合に広汎性発達障害と思われがちですが、1980年以降から知能...

≫続きを読む

 

軽度発達障害とは?

軽度発達障害とは、、学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・アスペルガー症候群・高機能自閉症のことを指します。2002年に文部科学省から公表された報告では、クラスの6%の児童が上記の様な軽度発達障害を持っているということが公表されました。このように、現在では軽度発達障害はごく身近なものだと...

≫続きを読む

 

自閉症(自閉性障害)とは?

自閉症(自閉性障害)とは、言葉だけを見ていると自分の心を閉めてしまっている”心の病気”と思われがちですが先天性の脳機能障害、認知障害になります。親の育て方や生活環境の影響が原因で発症する訳ではありません。自閉症は、脳内の情報の整理の仕方に障害がありますので目や耳から入ってくる情報を処理することが困難...

≫続きを読む

 

高機能自閉症と自閉症の違いとは?

自閉症と高機能自閉症違いとは?自閉症をIQ別に分類すると3種類のタイプに別れます。高機能(IQ70超)中機能(IQ70〜50)低機能(IQ50以下)と、分類されます。その為、IQ70超の自閉症の症状のことを高機能自閉症と呼びます。現代では、中機能・低機能の言葉があまり使われなくなり高機能だけが高機能...

≫続きを読む

 

アスペルガー症候群とは?

アスペルガー症候群とは、広汎性発達障害の中にある障害の一つでアスペルガー障害とも言われ、全IQが知的障害域でないために知的障害のない自閉症とも言われます。アスペルガー症候群は、自閉症と違い、知的障害、言語障害に症状がでることが比較的に少ないです。会話する能力はあるが自閉症と同じように、人間関係を作る...

≫続きを読む

 

学習障害(LD)とは?

学習障害とは、英語でLearning Disorders,Learning Disabilities通称LDとも言われ学習障害(LD)は、主な一つの症状があるわけではなく複数の状態を指す言葉です。学習障害は発達障害の中に位置づけられて、また先天的な脳機能障害な症状の為、家庭環境やしつけ、育て方などが...

≫続きを読む

 

注意欠陥障害・注意欠陥多動性障害とは?

注意欠陥障害・注意欠陥多動性障害とは、ADD・ADHDとも略称されて呼ばれています。ADDとADHDの違いは、多動性がある場合をADHDと呼びます。最近では、マスコミなどに取り上げれ、注目されているので聞いたことがあるかたも多いのではないでしょうか。一般的な認識ですと、注意欠陥多動性障害(ADHD)...

≫続きを読む

 

コミュニケーション障害とは?

コミュニケーション障害は、略称でコミュ障とも呼ばれれます。また、一口にコミュニケーション障害と言っても、様々な症状からなる障害です。大抵の場合は、広汎性発達障害、高機能広汎性発達障害と二つに分けられます。脳機能や聴覚などの器官に問題が無い場合にも、言語発達の遅延、吃音症、失語症様な言語障害、音韻障害...

≫続きを読む

 

レット症候群とは?

レット症候群とは、英語の略称はRTTと呼ばれ、症状としてはほとんど女児に発症する進行性の神経疾患で、6か月を過ぎたあたりから発症する特徴があります。発症率は15,000人から20,000人に一人の確率で発症するようです。日本では小児慢性特定疾患に指定されています。症状としては、知的、言語、運動能力の...

≫続きを読む

 

小児期崩壊性障害とは?

広汎性発達障害の一つの小児期崩壊性障害とは、3、4歳の時期に言語理解、言語表出、非言語的コミニュケーション、対人関係、遊び、適応行動などの対人反応障害、有意味語消失の著しい退行していく症状をいいます。退行症状は6か月以内に止まりますが、自閉的な症状はそのまま続きます。小児期の有病率は0.01%といわ...

≫続きを読む

 

自閉症スペクトラム障害とは?

自閉症スペクトラム障害とは、自閉症、アスペルガー症候群、レット障害、特定不能の広汎性発達障害などを単体の障害とではなく、広汎性発達障害を核とした連続体として考えることをいいます。その為、自閉症連続体、自閉症スペクトル、ASDなどと呼ばれることもあります。また、広汎性発達障と自閉症スペクトラム障害が一...

≫続きを読む

 

非定型自閉症とは?

非定型自閉症とは、自閉症の特徴である、社会性、コミュニケーション能力、想像力の3つの症状をもっているわけではないが自閉的な要因を持っていることをいいます。簡略かすると、自閉症の特徴を3つ満たしてはいないが、自閉的要因がある場合です。認識としては自閉症と健常者との間と言えます。例を上げますと下記のよう...

≫続きを読む

 
  • SEO
  • loading
  • 子ども・大人の発達障害.navi