発達障害の障害年金について

発達障害の障害年金について

発達障害についてお問合せいただいた
質問をご紹介します。

 

[質問]

 

ご質問お願い致します。
発達障害で障害年金を受給できるものなのでしょうか?

 

[回答]
発達障害でも、障害年金を受け取ることは可能です。

障害年金を受給される場合、申請をすることが必要になってきます。
申請をする場合に有効となりますが医師の診断結果などです。

精神的障害の部類に入いる発達障害の場合、診断結果が大きく左右されます。
日常生活が困難かどうかの判断基準は診断した医師によって決まってくるとも
言われます。

また、発達障害の場合、子どもの頃から都道府県が知的障害者に発行している
障害者手帳である療育手帳を認定されている方もいると思います。

療育手帳の特級の違いでも、障害年金を受理される際に関わってきます。

障害年金は下記ような方に、受給されることになっていますので
適切な診断を出してもらえれば受給されます。

【障害年金の中で精神的障害に関わる項目】

●知的障害・発達障害・高次機能障害などの方

●うつ病・統合失調症などの方

発達障害の方に、有効に使っていただきたい制度です。

 

少しでも何かのお役に立てればと思います。

 

わからないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
[お問合せフォーム]

  • SEO
  • loading
  • 子ども・大人の発達障害.navi